津軽峠
2018年(平成30年)6月24日


メ モ
6月24日の午後、盛岡を出発して東北道を北上し大鰐弘前ICを出たのは午後3時ごろだった。ホテルにチェックインするまでまだ時間があるので白神山地の入り口まで行くことにした。この付近は不案内なため、カーナビの目的地をとりあえず西目屋村役場として車を進める。
どこをどう走ったのかは定かでないが、岩木山を見ながらの快適なドライブだった。村役場を過ぎそのまま道なりに進んで行くとやがて津軽ダムの湖畔沿いの道になる。スピードの出し過ぎに気をつけながら殆ど直線の道を走り抜けていくうちに快適な道も終わって、舗装はされているがカーブの多い山間の道に移る。
右に左にとハンドルを切って進んで行くと暗門大橋に着く。付近にはいろいろな建物があり大きな駐車場もあった。シーズン中は賑わうところだろう。長大な白神ラインはここから始まる。道も砂利道に変わりあまりスピードは出せない。すれ違う車もなく津軽峠に向かってガタゴトと揺れながら車を進める。
暗門大橋から半時間ほども経ったころだっただろうか、樹林の中の道が急に明るくなり開けたところに出た。そこが津軽峠だった。小広い駐車場には車もなく静まり返っていた。時間もあまりないので、何はともあれカメラを持ってマザーツリー鑑賞に出かけることとした。

行 程
(国土地理院地図)

津軽峠−マザーツリー岩木山・尾太岳展望台(往復)

天 候 晴れ


午後4時30分ごろに津軽峠に到着。

駐車場から少し戻るとマザーツリーへの道がある。

付近の案内図。

 
マザーツリーへの道は舗装されています。

  マザーツリーへと向かう道。

峠から5分ほどで到着です。
鑑賞用のデッキがある。

ブナの大木にして母なる木。

横からも鑑賞します。

 
マザーツリーに関する情報です。

  マザーツリーのあとは岩木山を眺めに行きます。

少し霞んだ岩木山。
見慣れた姿と異なる鋭い山容。利尻山的です。

少し奥には尾太岳の展望所。

雲が多くてどれが尾太岳か分かりません。
見えているのかどうかも・・・。

駐車場に戻ってきました。
ここからは白神岳が見えるようですが・・・。

こちらも雲が多い。

右に太夫峰らしき山が見えます。
向白神岳は左の方ですが、どうも雲に隠れているようでした。

頭上の空はこんなに綺麗なのに・・・。
白神岳にはまた日を改めて訪れることにして、来た道を戻って弘前に向かいました。


コースタイム
津軽峠(16:35)−マザーツリー(16:40)−岩木山・尾太岳展望所(16:45)−津軽峠(16:50) 

 |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧