大普賢岳
2010年(平成22年)9月15日


メ モ
2ヶ月ほど前に赤兎山に行って以来、いろいろな都合でしばらく山歩きから遠ざかっていた。特にこの夏の史上最高の猛暑と、その間に風邪を引いたことは、山に登る気力をなくすのに十分なものだった。したがって今年の夏は、もっぱら室内でBShiのワルキューレ実況中継(深夜放送だったので録画しておいた)やグレートサミットを鑑賞するといったインドア生活を余儀なくされたのだった。
しかしさすがの猛暑も9月の中旬には収まる気配を見せ始めた。そろそろ鈍った体に活を入れなければと、休暇を取って近場の大峰山の大普賢岳に行くことにした。大普賢岳にはこれまで2度登っているが、いづれも和佐又から石ノ鼻経由で頂上を越えて奥駆道を七曜岳まで歩き、無双洞まで下って和佐又に戻るルートだった。このルートは後半の無双洞から和佐又まで戻るところがなかなか手強く、今回はあまり気が乗らなかった。かといって大普賢岳の往復のみでは物足りないので、奥駆道を北に行き、阿弥陀ノ森から柏木道を下って伯母谷覗きで大普賢岳の雄姿を眺めることにした。
2時間ほどの仮眠をとって15日の午前2時10分に家を出発する。木津から奈良、桜井、宇陀経由で国道169号を走って伯母峰トンネルまで来たのは午前4時ごろだった。しかしトンネルは通行止めになっており、その前には何台かの車が止まっていた。ここまでの途中、何ヶ所かの電光掲示板でも注意書きされていたが、通行制限の時間も分からないので何とかなるだろうと思ってここまでやってきたのだった。解除の予定は5時と言うことだったので一瞬柏木道に変更しようかと思ったが、ガードマンが解除時間は早くなる見込みだと言うのでしばらく待つことにした。
待つうちに4時半頃先頭の車が動き出した。時間のロスが短くてほっとする。トンネルを抜けるとすぐに右折して山道を高度を上げながら進んでゆく。和佐又ヒュッテの前の駐車場に着いたのは4時45分。朝食はトンネル前での待機中に済ませていたので、急いで支度をして5時ちょうどに登山口を出発した。

行 程
国土地理院地図
 
和佐又−日本岳のコル−石ノ鼻−大普賢岳−阿弥陀ノ森−伯母谷覗き(往復)

天 候 晴れのち曇り


早朝5時に和佐又ヒュッテを出発。今日は午前中は何とか天気が持ちそうなので早めの出発とした。キャンプ場を抜けて登山口に着く。

登山口で黎明の大普賢岳を確認して樹林の中に入ってゆく。10分ほどで和佐又のコルに着く。

緩やかな尾根道を辿ってゆくうちに日の出を迎えて登山道にも朝日が差し込んでくる。

尾根道の傾斜が増してくると石窟群は近い。

大台ヶ原から続く笙ノ窟尾根の斜面の巻き道を進んで行くと
遠くに朝日に輝く弥山と八経ヶ岳が見えてきた。その手前の山は行者還岳。

石窟群はまず指弾ノ窟から始まる。
その先の鉄梯子を登り、さらに巻き道を辿って行くと朝日窟に着く。

朝日窟から少しで笙ノ窟に着く。その少し先には鷲ノ窟が続くが写真は省略します。

鷲ノ窟から急登して日本岳のコルにつく。ここで一休み。

日本岳のコルから先は梯子や桟道が続く大峰らしい険しい道になる。

日本岳のコルから険しい道を辿ること10分ほどで石ノ鼻に着く。
ここは前半の景勝地で、東には日本岳の彼方に大台ヶ原の平坦な山頂部が望まれた。

振り返ると、これから登る険しい山容の大普賢岳と大峰主稜線が全面に立ちはだかっていた。

その右手には、遙かに阿弥陀ノ森(左のピーク)と今日の最終目的地の伯母谷覗き
(阿弥陀ノ森と右の小ピークとの鞍部付近)が望まれた。

北には弥山、八経ヶ岳から仏生ヶ岳、孔雀岳へと大峰主稜線が続く。

石ノ鼻で今日最初の大展望を満喫してから、さらに険しい道を登って辿り着いたところは小普賢岳ノ肩ともいえるところだった。

鞍部まで急降下したあとは大普賢岳への急登が始まる。
写真のような桟道や梯子、クサリ場などが続く険しい道だ。

しかし険しい登りの中にも写真のような息を継げる平坦なところもある。

奥駆道と合流してから5分ほど登ると大普賢岳山頂に着く。

大台ヶ原にはすでに雲がかかっており、この大峰山にも雲が湧き出してくる気配がしてきたので急いで写真を撮る。
まずは南に延々と続く大峰奥駆道。足下の行者還岳からしばらく小さな起伏の稜線が続き、弥山、八経ヶ岳に至る。
そのあとは未踏の大峰南部の稜線が仏生ヶ岳、孔雀岳へと続く。(画像をクリックすると拡大されます)

仏生ヶ岳と孔雀岳をズームアップ。孔雀岳にはすでに雲がかかり始めている。

西から北にかけては稲村ヶ岳や山上ヶ岳などの大峰北部の山々が連なる。
その後ろには金剛山や葛城山が見える。大阪はさらにその彼方だ。

稲村ヶ岳。右の大日山の尖峰が印象的だ。

山上ヶ岳(左)と竜ヶ岳(右)

竜ヶ岳の右には阿弥陀ノ森と伯母谷覗きが見える。伯母谷覗きまであと1時間以上はかかりそうだ。
手前の濃い緑のピークは主稜線上の小普賢岳だろうか?

大普賢岳で大峰山の眺めを楽しんでから伯母谷覗きに向かう。奥駆道を北に行く。

10分ほどで小普賢岳に着く。笙ノ窟尾根上のピークと同じ名前だ。

奥駆道の樹林の間から阿弥陀ノ森を見る。

あまり変化のない、しかし奥駆道らしい自然のままの道を歩いて脇ノ宿跡に着く。

阿弥陀ノ森へ行く途中にあった変わった木。上から見ると幹がくるっと輪を描いている。

緩い登りを続けて阿弥陀ノ森に着く。ここから山上ヶ岳への道は女人禁制となっており結界門があった。
あまりにも変化の激しい時代の中で、古い伝統を守ることに何らかの意義を見いだそうとしているのかも知れない。

阿弥陀ノ森は柏木道との分岐点にもなっている。

柏木道を伯母谷覗きに向かう。

大峰山らしい、小さな笹に覆われた尾根道を下って行く。道端には距離を示す石の道標が随所に設けられていた。

阿弥陀ノ森から20分ほどで今日の最終目的地である伯母谷覗きに着く。

谷底から1000m近い高度差で聳える大普賢岳の雄姿。
伯母谷覗きに着いたときは大普賢岳の山頂付近は雲に覆われていたが、
幸いにも待つうちに雲は切れて行き、30分ほどで大普賢岳の全貌を望めるようになった。
(画像をクリックすると拡大されます)

谷底を覗く。残念ながら写真では実際の切り立った険しさは感じられない。

和佐又ヒュッテをズームアップ。よくもここまでやってきたと思うが、このあとあそこまで戻らなければならないと思うと少々気が重くなります。

伯母谷覗きから阿弥陀ノ森を振り返り見る。

所期の目的を果たして和佐又ヒュッテ目指して帰途につく。

道の脇には秋の花が咲いていた。

帰途、和佐又ノコルで小休止し、昼のお弁当を戴く。

登山口から日本岳を振り返る。大小普賢岳は雲の中だった。


コースタイム
往 : 和佐又ヒュッテ(5:00)−日本岳のコル(6:10-6:15)−石ノ鼻(6:25-6:45)−大普賢岳(7:15-7:40)
    −阿弥陀ノ森(8:30)−伯母谷覗き(8:50)
復 : 伯母谷覗き(9:55)−阿弥陀ノ森(10:15)−大普賢岳分岐(11:05-11:10)−石ノ鼻(11:40)
    −日本岳のコル(11:45)−和佐又ヒュッテ(12:50)

 |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧