守門岳
2006年(平成18年)6月25日

行 程 保久礼−キビタキ小屋−不動平−大岳−青雲岳−袴岳(往復)
天 候 曇り
メ モ 昨年の6月浅草岳に登り、天気に恵まれて素晴らしい眺めやシラネアオイを始めとする花々を見ることが出来た。しかし目的のヒメサユリは少し時期が早く、残念ながら見ることは出来なかった。
今年も梅雨に入り、ヒメサユリの開花時期が近づいて来ると何となく気になりだした。今年は豪雪で開花も遅れ気味との情報もあったが、たまたま会津朝日岳のことを調べているとすでに咲き始めたとの山行記録があった。そうなるとじっとしていられなくなり、急遽、浅草岳と並んでヒメサユリの咲く山として名高い守門岳に行くことにした。
保久礼小屋近くの駐車場に着いたのは25日の午前1時頃だった。他に車は見られず真っ暗な駐車場で夜明けまで仮眠をとる。寝る前は満天の星空だったが、3時半頃に起きて外を見ると曇り空に変わっている。梅雨時だから仕方のないことと諦めて、支度をして4時20分に出発する。広い道を少し下って行くと保久礼小屋に着く。道はここからキビタキ清水まで階段で続いている。キビタキ小屋からは樹林の中の変化のない急な登りが続きやがて展望台に出る。あいにくの空模様のため遠くは霞んでいて眺めは良くない。展望台からは傾斜は少し緩くなり、道端に咲くイワカガミやゴゼンタチバナ、ギンリョウソウ、チゴユリ、ウラジロヨウラクなどを見ながらのんびりと登り続ける。木々の背丈も低くなって頭上が明るくなると不動平に着く。ここまで来ると守門岳の主稜線も間近だ。残雪の中の不動明王を右に見て一登りして6時前に大岳に着く。
大岳からは青雲岳から袴岳へと続く幾筋もの残雪を抱えた守門岳の主稜線を眺めることが出来た。目的のヒメサユリはこの大岳と青雲岳との鞍部であるアミハリへ下る途中で見ることが出来た。まだ3分咲きと言った程度で蕾が多かったが、とにもかくにも求めていた花に出会うことが出来て遙々とここまでやってきた甲斐があったと一安心する。
アミハリから青雲岳へ登り返し、湿地帯をとおって袴岳に着いたの7時半だった。山頂からは、朧気ながら東の彼方に去年登った浅草岳の姿を認めることが出来た。
梅雨時の曇り空のため広闊な展望は得られなかったが、念願のヒメサユリに逢うことが出来てまずまずの満足感を得ることが出来た山行だった。


登山口の駐車場 保久礼小屋
キビタキ小屋 キビタキ小屋前のシャガ
不動平 大岳頂上
大岳からの袴岳
ヒメサユリ ヒメサユリ
ヒメサユリ
ヒメサユリ
タニウツギと袴岳 アミハリ付近
コミヤマカタバミ fシラネアオイ
青雲岳から大岳を振り返る
青雲岳山頂からの袴岳
青雲岳を振り返る 袴岳山頂
袴岳からの青雲岳と大岳
袴岳から烏帽子山方面を見る
浅草岳遠望
帰途、ネズモチ平から守門岳を見る

コースタイム
(休憩を含む)
往  駐車場(4:20) − キビタキ清水(4:50) − 展望台(5:25) − 大岳(5:57)
    − 青雲岳(7:10) − 袴岳(7:30)
復  袴岳(8:00) − 大岳(9:10)− 駐車場(10:50)

 ホーム地域別山行一覧年別山行一覧