大普賢岳・七曜岳
2008年(平成20年)6月7日

メ モ
今年は例年より早い梅雨入りとなったが、この土曜日は好天との予報だった。そこで時期的にシャクナゲが期待できる大普賢岳に行くことにした。この山には3年前の同じ時期に登っているが、山頂での展望がなかったのが心残りだったので、今回はシャクナゲと併せて大峰の大観を期待して7日の午前1時過ぎに家を出発した。
登山口の和佐又ヒュッテに着いたのは3時35分。1時間ほど休んでから支度をして、まずは大普賢岳に向かう。前回と同じく奥駆け道を七曜岳まで行き、無双洞に下ってヒュッテまで戻ってくるコースだ。しかし今日の天気は思いの外良くなく、1日を通して時折薄日が差す程度で、梅雨の晴れ間の青空は拝むことは出来なかった。またシャクナゲもまだ満開には早いのか、前回ほどではなく少し期待はずれだった。大普賢岳の山頂から幽かに稲村ヶ岳や山上ヶ岳が望まれたのと、七曜岳から弥山や八経ヶ岳、さらには大峰南部の山々が見渡せたのがせめてもの救いだった。
それにしても底無井戸まで登り返す帰路はやはり疲れた足には相当厳しいものだった。

行 程
 
和佐又−和佐又のコル−笙ノ窟−日本岳のコル−石ノ鼻−大普賢岳−国見岳
−七曜岳−無双洞−和佐又のコル−和佐又

天 候 曇り


早朝和佐又ヒュッテを出発 日の出が近いが、あまりよい天気ではなさそうだ
和佐又のコル付近で日の出を迎える
朝日に輝く尾根の木々
笙の窟へ向かう途中で去年登った行者還岳を見る 険しい崖沿いの道の途中に、指弾の窟、朝日窟、笙の窟、鷲の窟が続く
鷲の窟から急登して日本岳のコルにつく。ここで一休み
日本岳のコル付近の新緑
日本岳のコル付近にはイワカガミが咲いていた
日本岳のコルから梯子や桟道を辿って石の鼻につく。
振り返れば日本岳とその後ろに大台ヶ原が見える

しかし、目指す大普賢岳の頂は雲に覆われていた
石の鼻から小普賢岳の肩まで登り、肩から急降下したあと
大普賢岳の険しい登りが始まる。梯子や桟道、クサリ場などが続く

大普賢岳への道の途中で小普賢岳を見る
ようやく奥駆け道に合流。大普賢岳に向かう
大普賢岳頂上。今日は雲が多いものの幽かにまわりの眺めが得られた

稲村ヶ岳(左)と山上ヶ岳(右) 行者還岳方面を見下ろす
水太覗きから大普賢岳を振り返る
奥駆け道に咲くシャクナゲ
シャクナゲ 奥駆け道にはシロヤシオも咲いていた
薩摩転げの手前から大普賢岳の険しい山並みを見る
稚児泊まり 国見岳
辿り着いた七曜岳から見た大峰中南部の山々。手前に行者還岳、その右手後方に八経ヶ岳の山頂と弥山、
左手遠方に仏生ヶ岳、孔雀岳などの大峰南部の山並み

七曜岳からの大普賢岳
七曜岳山頂 奥駆け道分岐から和佐又目指して下山開始
木の根が張る急坂を振り返る 急降下を続けて無双洞に着く
無双洞の近くにある水簾の滝 急登を続けて底無井戸に着く
帰り着いた和佐又から日本岳、小普賢岳、大普賢岳を振り返る

コースタイム
和佐又ヒュッテ(4:35)−和佐又のコル(4:55)−日本岳のコル(6:00-6:15)−石の鼻(6:30-6:45)
−大普賢岳(7:30-7:50)−七曜岳(9:25-9:35)−無双洞(10:30)−和佐又のコル(12:05-12:15)
−和佐又ヒュッテ(12:35)

 |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧