八ヶ岳
1971年(昭和46年)5月1日〜3日

メ モ
5月のゴールデンウィーク時の高山がどんなものかも知らず、今から思えば大胆な山行をしたなぁと思うのがこの八ヶ岳行だ。昨年秋の単独縦走の余韻が残っていたのか、下界は既に春だと言うことで、大した装備も持たずにまだ冬の八ヶ岳に突入したのだった。
1日目は大阪を朝に立ち、名古屋・塩尻経由で茅野に着いた。バスで美濃戸口まで行き美濃戸で泊まる。
2日目は北沢ルートで赤岳鉱泉まで行き、そこから硫黄岳に登る。山はまだまだ雪が多く冬の姿のままだった。なんとか硫黄岳に登り、昨年と同じ石室に泊まる。小屋は超満員だった。
3日目もまずまずの天気で横岳を越えて赤岳に登った。前回と違って周りの展望は良く、目の前の南アルプスはもとより、遠く中央アルプス、北アルプスまでも見渡すことが出来た。帰りは真教寺尾根を下ったが、雪山の困難さは下りにあると言うことを身をもって知った山行であり、無事に帰ることが出来て何よりだったと思う山行でもあった。

行 程

美濃戸口

美濃戸(1日泊)

北沢

赤岳鉱泉

硫黄岳

硫黄岳石室(2日泊)

横岳

赤岳

真教寺尾根

清里

距離     :  20.7km
最大標高差: 1,409m
累積標高  : 1,648
m 
 
天 候

1日:快晴
2日:晴れ
3日:晴れ後曇り
 

 
原典:気象庁「天気図」、加工:国立情報学研究所「デジタル台風」 

山行記録

硫黄岳への道から赤岳を望む 硫黄岳への道から阿弥陀岳を望む
夜明けの浅間山方面を望む 中央アルプスと御嶽
富士山 北アルプス
横岳から赤岳と南アルプス
横岳から赤岳を望む
赤岳から横岳、硫黄岳を振り返る
赤岳から権現岳と南アルプスを望む 真教寺尾根の下りから権現岳を振り返る
 
  |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧