槍ヶ岳
1972年(昭和47年)10月

メ モ
この年のGWに初めて残雪の北アルプスを目指して合戦尾根を登り、燕岳から蝶ヶ岳までの縦走を計画したが、悪天候と装備不足のため燕岳の往復だけで断念せざるを得なかった。その後梅雨が明けて夏山になってから同じルートを歩きとおして来年の再挑戦に期した。そして秋になって今年3度目の合戦尾根を登って表銀座を縦走した。
1日目は天気も良く順調に歩いて燕山荘を通り過ぎ大天井岳まで行く。連休のため小屋は超満員だった。
2日目も穏やかなまずまずの天気で、大天井岳から朝焼けの北アルプスを眺めてから喜作新道と呼ばれる東鎌尾根を行く。間近に迫ってくる槍・穂高の峰々に圧倒されながらの槍ノ肩までの尾根歩きだった。槍ノ肩の山小屋も超満員だった。
3日目は快晴で、未明から槍の穂先に登り頂上でご来光を見る。モルゲンロートに染まる穂高岳や、笠ヶ岳、薬師岳などを始めとして、裏銀座、立山、後立山など北アルプスの山々の眺めを満喫した。帰りは槍沢から上高地を目指したがその道のりは長かった。

行 程
(国土地理院地図)

 
8日:中房温泉−合戦尾根−燕山荘−大天荘(泊)
9日:大天荘−大天井岳−東鎌尾根−槍ヶ岳山荘(泊)
10日:槍ヶ岳山荘-槍ヶ岳−槍沢−横尾−徳沢−上高地

天 候 8日:晴れ 9日:晴れ 10日:快晴


合戦尾根から槍ヶ岳見ゆ 合戦尾根から針木岳方面を望む
ご来光 大天井岳で
大天井岳から後立山方面を見る
大天井岳から黎明の槍・穂高を望む
大天井岳から穂高連峰遠望
大天井岳からの鷲羽・水晶 大天井岳から立山・劔遠望
喜作新道から見た穂高連峰
喜作新道の行く手に聳える槍ヶ岳
西岳からの喜作新道と槍ヶ岳 もう少しで槍の肩
槍ヶ岳山頂からのご来光 槍ヶ岳からの薬師岳、鷲羽岳、水晶岳
朝焼けの穂高連峰
笠ヶ岳
立山と後立山連峰
槍沢を下る 徳沢付近から前穂高を望む

 ホーム地域別山行一覧年別山行一覧