鷲羽岳
1976年(昭和51年)5月

メ モ
昭和47年秋の表銀座に続いて今度は裏銀座を縦走しようということで5月の連休を利用して出かけた。
信濃大町から葛温泉に入り、そこから歩いて北アルプスの三大急登の一つであるブナ立尾根の登山口に着く。この尾根は2年前の夏に新穂高温泉から鷲羽、水晶を縦走したあと下りに使ったが、登りは初めてだった。降り続いた雨も昼前に上がったので烏帽子小屋目指して出発した。登る途中の記憶は殆どない。恐らく樹林の中の単調な登りだったのだろう。その日は烏帽子小屋に泊まる。
2日目の朝はまずまずの天気だった。2年前の時は雨の中の稜線歩きだったので周りの景色は初めて見るものだった。立山や後立山、薬師、赤牛、水晶、鷲羽などの名だたる峰々の中でもやはり西鎌尾根から槍ヶ岳へと続く稜線が目を引く。三ツ岳や野口五郎岳を越えて鷲羽岳に着くころには天気は下り坂傾向で雲が低く降りてくる。それでも鷲羽岳山頂からは大きなカールを抱えた黒部五郎岳や、昭和11年の厳冬期に加藤文太郎が辿った北鎌尾根、さらに槍から穂高へと続く険峻な稜線を望むことが出来た。2日目は雪の中の三俣蓮華小屋に泊まる。
3日目は霧の中の歩行となった。双六小屋に着いたあと、この先どうしようかと思ったが、悪天候になる気配もなかったので予定どおり槍ヶ岳を目指して西鎌尾根を登って行った。雪のピークを何度も乗り越えてこの日は槍ヶ岳山荘に泊まる。
4日目も同じような天気だったので残念ながら槍ヶ岳の登頂は諦めて新穂高温泉に向かって下山の途に着いた。

行 程
国土地理院地図

 
1日:葛温泉−ブナ立尾根−烏帽子小屋(泊)
2日:烏帽子小屋−三ツ岳−野口五郎岳−鷲羽岳−三俣小屋(泊)
3日:三俣小屋−三俣蓮華岳−樅沢岳−西鎌尾根−槍ヶ岳山荘(泊)
4日:槍ヶ岳山荘−滝谷出合−白出沢出合−新穂高温泉

天 候 1日:雨後曇り 2日:晴れ後曇り 3日:霧 4日:霧


烏帽子小屋からの赤牛岳と薬師岳 三ツ岳から立山遠望
三ツ岳から水晶岳(右)と鷲羽岳(左奥)
三ツ岳からの槍ヶ岳 野口五郎岳からの槍ヶ岳と西鎌尾根
野口五郎岳から鷲羽岳(右)と笠ヶ岳
鷲羽岳から黒部五郎岳を望む
鷲羽岳から槍・穂高を望む

 |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧