白馬岳
1974年(昭和49年)6月

メ モ
昨年の白馬岳登山で叶えられなかった展望を求めて再挑戦する。
1日目は昨年と同じ大雪渓を登って白馬山荘へ。白馬尻への道から白馬の雪形がはっきりと認められた(下の写真にも写っています)。シーズンが始まったばかりでまだ人は少なく、小屋でもゆっくりと休むことが出来た。
2日目は少し霞はかかっていたがまずまずの天気で、剣・立山から遠く槍ヶ岳方面までの展望を得ることが出来た。白馬鑓ヶ岳からは天に向かって咆哮するかのような白馬岳本峰の姿を眺める。不帰キレットはまだ残雪に覆われているところもありかなり危ない思いをしたが、何とか無事唐松岳に着くことが出来た。計画ではここで1泊する予定だったが、時間も早かったので一気に八方尾根を下った。
帰りは松本から夜行で京都に向かった。

行 程
(国土地理院地図)

 
6月8日:猿倉−白馬尻−大雪渓−白馬山荘(泊)
6月9日:白馬山荘−白馬岳(往復)−白馬鑓ヶ岳−不帰キレット−唐松岳−八方尾根

天 候 8日:晴れ 9日:晴れ


1日目。猿倉付近からの白馬岳(中央右寄りの稜線下に雪形が見える)
猿倉付近からの白馬鑓
大雪渓
2日目。白馬岳からの南望
白馬岳から黒部湖と赤牛・水晶方面を見る
立山と剣岳
立山と剣岳をアップ
白馬岳で 白馬鑓ヶ岳山頂
白馬鑓からの白馬岳
白馬鑓からの旭岳
白馬鑓からの小蓮華山
白馬鑓ヶ岳を振り返る
不帰キレットの向こうに唐松、五竜、鹿島槍が見える
八方尾根からの白馬三山
八方尾根から鹿島槍と五竜を望む

 ホーム地域別山行一覧年別山行一覧