甲武信ヶ岳・金峰山
1975年(昭和50年)11月

メ モ
11月の連休を利用して奥秩父に出掛けた。小海線の信濃川上からバスで梓山まで行き、そこから甲武信岳を目指す。戦場ヶ原を抜け、毛木平から八丁坂を登って十文字峠に至る。十文字峠から稜線沿いに武信白岩や三宝山を越えて甲武信ヶ岳に着いた時は夕方で、陽は雲海の彼方に沈みかけていた。その日は甲武信小屋に泊まる。
次の日は奥秩父の主脈を縦走したがその間の記憶は忘却の彼方にある。国師ヶ岳や奥秩父最高峰の北奥千丈岳に登った後、金峰山に辿り着いたのはやはり夕方近かった。その日は頂上から少し下った金峰山小屋に泊まったが、その時の混み方は空前絶後のものだった。小屋は2階建てだったがあまり広くなく、まず前の人の背中を見て同じ方向につめて座った後そのまま半ば折り重なるように仰向けに倒れるというもので、全く一睡も出来るものではなかった。トイレにでも行こうものなら、帰ってきた時は寝る場所どころか足を置く場所もないという状態だった。
一夜明けて小屋から外へ出た時は開放感に満たされた感じだった。しかし天気は最高で、頂上からは快晴の秋空の下に富士山や南アルプス、八ヶ岳の大展望を得ることが出来た。山小屋での苦痛の一夜のことも忘れてすっかり気分を良くし、秋色の山の展望を楽しみながら下山の途に着いたのだった。

行 程
国土地理院地図

 
1日:梓山−十文字峠−甲武信ヶ岳−甲武信小屋(泊)
2日:甲武信小屋−甲武信ヶ岳−国師ヶ岳−北奥千丈岳−金峰山−金峰山小屋(泊)
3日:金峰山小屋−金峰山−みずがき山荘

天 候 1日:晴れ 2日:晴れ 3日:快晴


1日目。甲武信岳への道で八ヶ岳を望む
三宝山、甲武信岳と富士山
暮れゆく稜線から南アルプス方面を望む 甲武信岳山頂
後立山連峰遠望
甲武信岳からの富士山
2日目。金峰山目指して奥秩父主稜線を行く
中央アルプス遠望
金峰山を望む
北奥千丈岳山頂 金峰山山頂
3日目。金峰山から富士山を望む
金峰山から南アルプスを望む
中央アルプス遠望(左は鋸岳)
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳
白峰三山
南アルプス南部を望む

ホーム地域別山行一覧年別山行一覧