常念岳
1972年(昭和47年)7月28日〜29日

メ モ
ゴールデンウィークに完遂出来なかった燕−常念を縦走した。
1日目は中房温泉から合戦尾根を登り10時頃に燕山荘に着く。時間も早いのでそのまま表銀座を大天井岳まで行ったが、それでもまだ昼過ぎだったので一気に常念乗越まで歩いてその日は常念小屋に泊まった。
2日目も天気は良く、常念岳から蝶ヶ岳までの稜線から見える槍・穂高の眺めを楽しんだが、槍ヶ岳には雲がかかっていて、その先端を見ることが出来なかった。蝶ヶ岳から徳沢経由で上高地に下り、5月と同じ五千尺ロッジに泊まった。
5月の時の厳しさが嘘のような快適な北アルプス行だった。

行 程

中房温泉

合戦尾根

燕山荘

大天井岳

常念小屋(28日泊)

常念岳

蝶ヶ岳

徳沢

上高地(29日泊)

距離     : 30.8km
最大標高差: 1,467m
累積標高  : 2,543
m  
 
天 候

28日:晴れ
29日:晴れ時々曇り
 
 原典:気象庁「天気図」、加工:国立情報学研究所「デジタル台風」 

山行記録

合戦尾根上部から槍ヶ岳と大天井岳を望む 燕岳
常念乗越からの黎明の槍ヶ岳 常念岳から横通岳、大天井岳方面を振り返る
常念岳山頂 槍ヶ岳は雲の中
前穂高岳と乗鞍岳 穂高岳が眼の前に

ホーム地域別山行一覧年別山行一覧