飯豊連峰
1978年(昭和53年)8月

メ モ
8月の盆休みを利用して東北地方の山岳の雄である飯豊連峰に行く。
上野から夜行“ばんだい6号”で早朝に会津若松に着く。さらに山都まで行き、バスに乗り換えて川入まで入る。ここから地蔵山、三国岳、種蒔山を越えて切合小屋のテント場で露営する。
2日目は絶好の天気で、草履塚を越えて念願の飯豊本山の頂上に立った。御西岳から大日岳、北股岳へと連なる飯豊連峰の眺めを満喫したあと大日岳に登る。主稜線から少し外れた大日岳の山頂からは、昨日登ってきた種蒔山から飯豊本山に続く稜線や、御西岳から北股岳へと続く稜線が一望できた。烏帽子岳を越えて十文字鞍部で2泊目のテントを張る。
3日目は残念ながら霧の中の稜線歩きとなった。北股岳を越え、扇ノ地紙、門内岳を通って地神山に至ってようやく霧が晴れ、曇り空ながら歩いてきた稜線や、杁差岳などを眺めることが出来た。この日は丸森尾根を下って飯豊温泉に泊まる。
最終日は車で長者原まで送って戴き、長者原から小国に出て、坂町経由で新潟から“北越2号”で京都に向かった。

行 程
(国土地理院地図)

 
12日:川入登山口−地蔵山−三国岳−種蒔山−切合小屋(泊)
13日:切合小屋−草履塚−飯豊本山−御西岳−大日岳(往復)−烏帽子岳−カイラギ岳
    −十文字鞍部(泊)
14日:十文字鞍部−北股岳−門内岳−扇ノ地紙−地神山−飯豊温泉(泊)

天 候 12日:晴れ 13日:快晴 14日:霧後曇り


七森付近からの種蒔山と飯豊本山
2日目。切合小屋で迎えた夜明け 早朝の切合小屋
切合小屋から吾妻連峰方面を望む
草履塚と飯豊本山
草履塚から大日岳を望む 草履塚から御西岳方面を望む
飯豊本山への登りから大日岳を望む
飯豊本山頂上 飯豊本山から朝日連峰を望む
飯豊本山から北股岳を望む
飯豊本山からの大日岳と御西岳
飯豊本山を振り返る(遠くに吾妻連峰と磐梯山)
大日岳に向かう
大日岳
大日岳から飯豊本山を振り返る
大日岳から北股岳方面を望む
北股岳と烏帽子岳
3日目。霧の中の北股岳山頂 晴れ行く稜線(扇ノ地紙と門内岳)
扇ノ地紙と門内岳を振り返る 杁差岳を望む

 |ホーム地域別山行一覧年別山行一覧