燧ヶ岳
1994年(平成6年)10月2日

メ モ
前日至仏山に登って温泉小屋に泊まったあと燧ヶ岳に登るために早朝小屋を出発した。
見晴に立ち並ぶ山小屋の前を通って見晴新道を登る。天気はあまり良くなく時々小雨も降る。昨日の雨で道も川のようになっており、靴の中に水がしみ込んでくる。しかし沢状の道を登って行くうちに空が明るくなり振り返ると雲間から至仏山が姿を現してきた。その背後には谷川岳や苗場山も見える。頂上近くになって青空も覗き始めた。しかし尾瀬ヶ原は雲海に覆われており、至仏山を始めとする山々もその雲の中に入ってしまった。雲海の彼方には平ヶ岳や荒沢岳と思しき山々が認められた。
柴安ーに着いた時は折から湧き出した霧に覆われてしまって期待した眺めは諦めるしかなかった。に至っても状況は変わらず、わずかに雲がたなびく柴安ーが見えた程度だった。
帰りは燧新道を尾瀬沼目指して下る。道はぬかるんで足下はドロドロだった。長蔵小屋でしばらく休んでから沼山峠に向かい、バスで会津高原駅に出て浅草に向かった。


行 程  
尾瀬ヶ原見晴−見晴新道−柴安−俎−燧新道−長蔵小屋−沼山峠

天 候 曇り時々雨後晴れ 


燧ヶ岳を前に尾瀬ヶ原を行く 紅葉の尾瀬ヶ原
草紅葉の尾瀬ヶ原 燧ヶ岳
燧ヶ岳へ登る途中で至仏山を振り返る
谷川岳を望む
頂上直下から平ヶ岳を望む 雲海上の平ヶ岳
頂上目指して 柴安ーはもうすぐ
荒沢岳遠望 柴安ー
俎板ーからの柴安ー
尾瀬ヶ原は雲海の下 尾瀬沼へ下る

ホーム地域別山行一覧年別山行一覧